アジア養蜂学会@フィリピンにて研究成果報告(マキシミリアン・スピーゲルバーグ)

FEAST HQ WG3_Publications

2020年2月25日~28日に、フィリピン大学ロスバニョス校で開催された国際学会・シンポジウム『International Meliponine Conference and Asian Apicultural Association Philippines Symposium on Pollinator Conservation』に、FEASTプロジェクトより、マキシミリアン・スピーゲルバーグ研究員が参加し、日本と台湾の伝統養蜂に関する研究成果を報告しました。要旨は、以下の通り。

Tracking practices of traditional beekeeping in Taiwan and Japan
Maximilian Spiegelberg (FEAST Project, RIHN), Rika Shinkai (FEAST Project, RIHN), Chung-Yu Ko (National Iilan University, Taiwan),  I-Hsin Sung (National Chiyali University, Taiwan)

<要旨(原文)>
Traditional beekeeping of A.cerana in Japan and Taiwan has been part of multiple subsistence livelihoods in mountainous, rural areas for a long time. Those livelihoods rely on turning the natural abundance of the landscape into various resources for human use, which in turn gives people an interest in maintaining highly diverse, mosaic landscapes. Just like many other local bee species, A.cerana is, in contrast to the introduced A.mellifera, well adapted to the local conditions such as the mountainous climates, specific vegetation and predators, and therefore able to survive on its own when it chooses not to be kept by people.
Having employed qualitative interviews, exploratory walks and participatory observation in selected areas of Japan and Taiwan we could identify several characteristics of extensive beekeeping such as low capital investment, use of local natural materials, high traditional environmental knowledge, respect for natural bee behavior, and adherence to cultural norms related to the use of nature.
With the well documented global need to reverse and transform the negative effects of the industrial agricultural system in order to halt biodiversity losses and limit climate change, keeping local bee species by sustainable principles in harmony with the landscape can be an increasingly significant factor for the development of alternative agricultural practices.

Keywords: rural development, natural beekeeping, landscape stewardship

台湾と日本における伝統的養蜂の実践
Maximilian Spiegelberg(FEAST)、真貝理香(FEAST)、Chung-Yu Ko(台湾国立宜蘭大学)、I-Hsin Sung(国立嘉義大学)

<要旨(和訳)>
日本および台湾では、トウヨウミツバチ(A.cerana)の伝統養蜂は、長年に渡り山間地域を中心に、複合生業の一部として受け継がれてきた。こうした複合生業は、自然景観の中の豊富な資源の活用を前提としているため、住民は景観の多様性や多元性を高いレベルで維持することに関心を持ち、取り組んでいる。ニホンミツバチを含む多くの在来種は、海外から持ち込まれたセイヨウミツバチ(A.mellifera)とは対照的に、適応性が高く、山間部の気候やその地域特有の植生や天敵といった地域の状況に適応し、人間に飼育されることがなくとも、生き延びることができる。
本研究では、日本と台湾において、資本投資の少なさ、地域の自然資源の利用、高度な伝統知、ミツバチの自然行動の尊重、自然利用に関する文化規範の順守といったいわゆる「放任養蜂」の特徴を確認できる地域を選び、質的調査(聞き取り調査、現地調査、参与型観察)を実施した。
生物多様性の喪失や気候変動を食い止めるためには、地球規模で工業型農業システムの負の影響の削減・転換が不可欠であることは、これまでにも十分に立証されてきている。こうした中で、在来種のミツバチを地域の景観と調和させ、持続可能な形で飼育することは、オルタナティブな農業の取り組みの発展にとって、ますます重要な役割を果たすと考える。

キーワード:農村開発、自然養蜂、景観管理

(和訳:Yuko K&真貝理香)

(撮影:J.Bermal-Cervancia)

(撮影:J.Bermal-Cervancia)

(撮影:Maximilian Spiegelberg)

(撮影:Maximilian Spiegelberg)