『世界の一酸化二窒素収支 2020 年版』と食料システム@オンラインにて講演(スティーブン・マックグリービー)

FEAST HQ WG3_Publications

2020年10月29日に開催のオンライン・フォーラム「『世界の一酸化二窒素収支 2020 年版』と食料システム/Global Nitrous Oxide Budget 2020 and our food system」にて、プロジェクト・リーダーのスティーブン・マックグリービーが講演「Transitioning to 1.5-degree food systems/気温上昇を 1.5℃に抑える食料システムへの移行」を行いました。フォーラムの詳細(チラシ)は、こちらからご覧いただけます。

要旨:The Paris climate agreement’s goal for limiting global warming to 1.5-degrees has been hailed as a critical achievement to catalyze action to protect the planet for future generations. Food system impact on climate has been catalogued extensively by the IPCC, EAT-Lancet, and in a number of high-profile studies. However, discussions on decreasing food system impact on the environment fall well short of the 1.5-degree goal. In this presentation, I argue that reducing impacts in the current food system is not enough to reach the 1.5-degree goals and nothing less than complete food system transformation is required. Transitioning the food system will mean smaller-scales of production, city-region food flows, and agroecological production. These 1.5-degree food systems highlight the need for long-term food security & resiliency (maximizing autonomy over dependency), food sovereignty, and sufficiency (over efficiency) in an unpredictable and ever-changing future climate.

(仮訳)地球温暖化を1.5度以内に抑えるというパリ協定の目標は、将来の世代のために地球を守る取り組みを触媒するであろう重要な功績とされてきた。IPCCやEAT-Lancet、さらには注目度の高い多くの研究が、フードシステムが気候に与える影響を広く示してきた。しかし、フードシステムが環境へもたらす影響の削減に向けた議論は、1.5度目標には程遠い。本発表では、現在のフードシステムにおける影響を減らすだけでは1.5度目標の達成には不十分であり、フードシステムの完全な転換が最善策であると論じる。フードシステムの転換とは、生産規模の縮小、都市-地域の食べものの流れ、アグロエコロジーの原則に沿った生産を意味する。こうした気温上昇を 1.5 度に抑えるフードシステムは、予測不可能で変化し続ける未来の気候において、長期的な食糧安全保障とレジリエンス(依存ではなく自律性の最大化)、食の主権、および(効率性ではなく)充足性の必要性を明確に示すのものである。

(仮訳:Yuko K.)