エコロジカルフットプリントに関する論文が国際ジャーナル『Journal of Cleaner Production』に掲載されました

FEAST HQ WG1_Publications

WG1がグローバル・フットプリント・ネットワークおよびWWF Japanと共同で、日本国内47都道府県別の総エコロジカルフットプリントと食品のエコロジカルフットプリントの調査研究成果をまとめた論文「Decentralization & local food: Japan’s regional Ecological Footprints indicate localized sustainability strategies(分散型社会とローカルフード:日本の地域エコロジカルフットプリントに見る地域に根差した持続可能性戦略)」が、国際ジャーナル『Journal of Cleaner Production』に掲載されました。こちらより、以下のタイトルをクリック頂くと全文お読み頂けます。

“Decentralization & local food: Japan’s regional Ecological Footprints indicate localized sustainability strategies”

Kazuaki Tsuchiya (WG1-FEAST, the University of Tokyo), Katsunori Iha (WG1-FEAST, Global Footprint Network), Adeline Murthy (Global Footprint Network) David Lin (Global Footprint Network), Selen Altiok (Global Footprint Network), Christoph D.D. Rupprecht (FEAST), Kiyono Hisako (WWF Japan), Steven R. McGreevy (FEAST)

要点:
•A replicable top-down Footprint approach was used for Japan’s 47 prefectures.
•Ecological Footprint varied considerable among prefectures.
•Total and food footprints increase with urbanization, ageing and income.
•Economic decentralization & local food are key regional sustainability strategies.

要旨:Sustainable management and informed policy making at the sub-national level requires an understanding of regional resource base regeneration and the demand it places on wider geographical areas. Ecological Footprint is one of the most widely used and accepted ecological accounting methodologies and available for calculating multiple consumption categories such as food, housing and transportation. Japan’s 47 prefectures are diverse in their urbanization and ageing situations and provide an opportunity for understanding the relationship between regional socioeconomic and demographic factors and Ecological Footprint outcomes. To assess potential environmental impacts and planning implications of future urbanization and ageing, we analyzed the existing relationships between the proportion of urban and elderly populations and incomes, and the total and categorical Ecological Footprint per capita. We used a standard top-down scaling methodology to quantify the Ecological Footprint of prefectures, that included three steps: 1) acquiring national level data of Ecological Footprints, 2) applying environmental extended multi-regional input-output model to derive Ecological Footprint values by economic sector, and 3) scaling down Ecological Footprints to the prefecture level with household expenditure survey and other data sources. We show that Ecological Footprint varies considerable among prefectures, being highest in Tokyo (5.24 global hectare) and lowest in Yamanashi (4.06 global hectare). Prefectures with a higher proportion of urban and elderly population had high total and food Ecological Footprint per capita. Prefectures with higher income per capita also had higher total and food Ecological Footprint per capita. Lower Ecological Footprints of less urbanized prefectures provide an argument for economic decentralization. Policy makers in ageing regions should consider supporting local food activities with elderly populations, as processed food dominates majority part of the food Ecological Footprint.

キーワード:multi-regional input output table; household expenditure; land use; carbon footprint; food; sustainable consumption

<和訳>

「分散型社会とローカルフード:日本の地域エコロジカルフットプリントに見る地域に根差した持続可能性戦略」

筆者:土屋一彬 (WG1-FEAST, 東京大学), 伊波克典 (WG1-FEAST, Global Footprint Network), Adeline Murthy (Global Footprint Network) David Lin (Global Footprint Network), Selen Altiok (Global Footprint Network), Christoph D.D. Rupprecht (FEAST), 清野比咲子  (WWF Japan), Steven R. McGreevy (FEAST)

要点:
-日本の 47 都道府県にて、他地域でも応用可能なトップダウン型アプローチを用いてエコロジカルフットプリントを算出した。
-エコロジカルフットプリントは都道府県によってかなりのばらつきがある。
-都市化、高齢化、所得に伴い、全体および食品のフットプリントは増加した。
-経済的な分散化とローカルフードの推進は、地域レベルでの持続可能性戦略の鍵である。

要旨:地域における持続可能性のマネジメントと情報に基づいた政策立案には、地域の資源基盤の再生と、地域を超えた資源に対する需要の理解が必要である。エコロジカルフットプリントは、世界で最も広く利用され、受け入れられている環境会計手法のひとつであり、食料、住宅、交通といった複数の消費カテゴリーについて計算可能である。47 都道府県における都市化と高齢化の状況は実に多様であり、その比較研究は地域の社会経済・人口統計学的要因とエコロジカルフットプリントの関係の理解につながる。将来的な都市化と高齢化が環境に与えうる影響と計画立案にどのような意味を持つのかを評価すべく、都市人口、高齢者人口の割合および所得と、一人当たりのエコロジカルフットプリント(総計およびカテゴリー別)の間の関係性の分析を行った。都道府県のエコロジカルフットプリントの定量化については、次の3段階による標準的なトップダウン型のスケーリング方法を用いた:1)全国レベルのエコロジカルフットプリントデータの取得、2)環境拡張型多地域産業連関モデルを適用して経済部門別のエコロジカルフットプリント値を算出、3)家計支出調査などのデータを用い、エコロジカルフットプリントを都道府県レベルまでスケールダウン。その結果、一人当たりのエコロジカルフットプリントは都道府県によって大きく異なり、最も高いのは東京都(5.24グローバルヘクタール)、最も低いのは山梨県(4.06グローバルヘクタール)であることが判明した。都市部や高齢者の人口の割合が高い都道府県ほど、一人当たりの総エコロジカルフットプリントと食品のエコロジカルフットプリントが高く、一人当たりの所得が高い都道府県についても同様であった。都市化が進んでいない都道府県のエコロジカルフットプリントが低いという研究結果は、分散型経済の議論の礎ともなるだろう。高齢化が進む地域の政策立案者は、加工食品が食品のエコロジカルフットプリントの大部分を占めていることから、高齢者をまきこんだローカルフード活動に対する支援の検討をすべきである。多地域産業連関表; 家計支出; 土地利用; カーボンフットプリント; 食; 持続可能な消費

引用:Tsuchiya K, Iha K, Murthy A, Lin D, Altiok S, Rupprecht CDD, Hisako K, McGreevy SR, Decentralization & local food: Japan’s regional Ecological Footprints indicate localized sustainability strategies, Journal of Cleaner Production, https://doi.org/10.1016/j.jclepro.2021.126043

(和訳:土屋一彬&Yuko K.)