国際ジャーナル『Ecology and Society』に実践に基づく未来研究の多元的アプローチ研究論文掲載

FEAST HQ WG2_Publications

ビジョニング、バックキャスティング、シリアスゲームなどの手法を用いた京都での研究成果について、FEASTチームがオランダ・ユトレヒト大学の持続可能な発展に関するコペルニクス研究所のAstrid Mangnus氏とJoost Vervoort助教と共同執筆した「New pathways for governing food system transformations: a pluralistic practice-based futures approach using visioning, back-casting, and serious gaming」が国際ジャーナル『Ecology and Society』24(4):2に、掲載されました。

<要旨(原文)>

The global environmental change that characterizes the Anthropocene poses a threat to food systems. Cities increasingly serve as the spaces where civil society, private actors, and local governments come together to strategize toward more sustainable food futures and experiment with new forms of food governance. However, much of the futures literature in the context of sustainability focuses on large-scale, global scenarios. These are important pieces of knowledge, but they often do not effect a change in local perspectives and practices. In this paper we respond to the need for novel futures approaches to help urban coalitions of societal actors create pathways to sustainability transformations. We investigate how existing examples of good practices, or “seeds,” can be used to open up novel, desirable, bottom-up futures in the case study of Kyoto (Japan). Innovative combinations of methodologies (visioning, back-casting, simulation games) are used and assessed in order to create multiple ways of experimenting and engaging with food system futures. Our results consist of a pluriform pathway to a sustainable Kyoto food system. Each method brings in its unique pathway elements: visioning to formulate a desired end goal, back-casting to create a step-by-step action plan, and gaming to practice with the future. The combination of Kyoto-based “seeds” with initiatives from elsewhere and with a new food system governance model (a food policy council) resulted in participants learning about new food system practices, extending their networks, and support for actualizing a food policy council. We conclude that multimethod futures processes that combine existing practices and new modes of governance are a promising new way to outline various pathways for sustainability transformations.

Key words: Anthropocene; futures methods; imaginaries; sustainability transformations; urban food systems

<要旨(和訳)>

「フードシステムの移行/転換に向けたガバナンスのための新たな筋道:ビジョニング、バックキャスティング、シリアスゲームを用いた実践に基づく未来研究の多元的アプローチ」

人新世を特徴づける地球環境の変化は、フードシステムへの脅威である。世界各国の都市では、市民社会、民間、地方自治体が協力し、より持続可能な食の未来を目指す戦略を練り、それを実現するガバナンスの新たなあり方を試行するという動きが増加している。しかし、持続可能性に関する未来研究は、大規模あるいは地球規模のシナリオに焦点を当てたものが多い。それらは非常に重要と言える一方で、地域レベルで住民の視点や実践に変化をもたらすものではない。都市部において社会アクター(主体)の集まりが、持続可能な転換への筋道を描き、広く後押しをし得るための新たな未来研究のアプローチの必要性が指摘されている。本論文では、これらのアプローチについて考察する。京都を研究調査対象地とし、既存の成功事例、あるいは「シーズ(種)」となる事例を、これまでにない、理想的な未来をボトムアップで切り開くにあたり、どのように活用できるのか検証する。ビジョニング、バックキャスティング、シミュレーション・ゲームといった手法を、新しい仕方で組み合わせ、活用し、査定することで、フードシステムの未来について実験的に取り組み、携わるさまざまなあり方を創出することが可能である。本研究の成果は、京都における持続可能な食のシステムへの多元的な筋道を示すものである。各手法は、筋道を描くのに必要な独自の要素を生み出すものである。ビジョニングは理想の最終目標を、バックキャスティングはステップごとのアクションプランを策定し、ゲーミングでは様々な未来のあり方を試してみることができる。京都に端を欲した「シーズ」と、他地域で実践されている取り組みや新たなフードシステムのガバナンス・モデル(FPC:フードポリシー・カウンシル)と組み合わせることにより、ワークショップの参加者は新たなフードシステムに関わる実践について学び、自身のネットワークを拡大することが可能となり、またフードポリシー・カウンシルの実現を後押しすることとなった。複数の手法を用いた未来研究のプロセスは、既存の実践と新しいガバナンスの形を組み合わせるものであり、持続可能な転換への多様な筋道を描くにあたり、将来性のある新たな方法であると考える。

キーワード:人新世;未来研究の手法;社会的想念;持続可能な転換;都市のフードシステム

(和訳:Yuko K.&太田和彦)

DOI: https://doi.org/10.5751/ES-11014-240402