日本国内のアグロエコロジーに関する論文掲載

FEAST HQ WG3_Publications

地球研では、2019年度にアグロエコロジーの第一人者であるカリフォルニア大学バークレー校のミゲール・アルティエリ名誉教授とクララ・ニコールズ講師を招聘プログラムを通じてお迎えし、FEASTプロジェクトと共同で日本国内のアグロエコロジーのスケールアップに関する実地調査を、京都、兵庫、広島の農家さんのご協力を得て行いました。その調査研究成果が学術誌『Agro Sur』(48(2):29-41)に掲載されました。こちらのリンクより、全文ダウンロード頂けますので、ご興味がありましたら、ぜひご一読ください。お忙しい中、本調査にご協力頂いた農家のみなさまには、再度御礼申し上げます。ありがとうございました。

タイトル:Assessing the agroecological status of a farm: a principle-based assessment tool for farmers (農場のアグロエコロジーの状況評価:農家のための実践に基づく評価ツール)

著者:Nicholls, Clara I., Miguel A. Altieri, Mai Kobayashi, Norie Tamura, Steven R. McGreevy, Kazumasa Hitaka

要旨(原文):Although there are many methodologies available to assess agroecosystem performance (sustainability, resilience, soil quality and plant health, biodiversity levels, etc.), there is still a need to develop a methodology to be used at the field level by researchers and farmers to assess if surveyed farming systems are or not based on agroecological principles. Developing such practical tool is key to determine if farmers in transition are on the right agroecological path. To fulfill this need for a farm-level assessment, a methodological tool was developed and tested with the participation of nine Japanese farmers in three prefectures (Kyoto, Hiroshima and Hyogo). The methodology consists of two parts. The first is a simple and rapid assessment survey based on the grading of eight indicators that match practices used by farmers with agroecological principles. The second part uses the same indicators to define a “threshold level”, below which it is estimated that a farm system is not yet “agroecologically based.” This process enables farmers to reflect and use the tool as a guide to adopt or adjust their practices based on agroecology principles, by changing farm design and management, in order to further optimize the performance of their agroecosystems.

要旨(仮訳):アグロエコシステムのパフォーマンス評価(持続可能性、レジリエンス(回復力)、土壌の質と植物の健康、生物多様性のレベルなど)には多くの方法論があるが、研究者や農家が現場レベルで農場のシステムがアグロエコロジーの原則に沿っているかを評価する方法論の開発が必要である。このような実践的ツールを開発することは、アグロエコロジカルな農業への移行期にある農家が正しい道筋を歩んでいるかどうかを判断するための鍵となる。このような農場レベルでの評価の必要性を満たすため、方法論的ツールを開発し、京都府、広島県、兵庫県の3県在住の計9つの農場の参加を得て試験を行った。方法論は 2段階にて構成されている。第1段階では、農家の実践がアグロエコロジーの原則に一致するかを評価する8つの指標に基づく、簡易な迅速評価調査である。第2段階では、同じ指標を用いて「閾値レベル」を定義し、これを下回ると、その農場のシステムはまだ「アグロエコロジーの原則に基づいていない」と推定される。このプロセスにより、アグロエコシステムのパフォーマンスの更なる最適化に向け、農家は農場の設計と管理に変更を加えることで、アグロエコロジーの原則に基づく実践を採用したり、調整したりするための指針として、このツールを反映し使用することが可能となる。

和訳:Yuko K.