国際ジャーナル『Food and Chemical Toxicology』に食品ラベルへの消費者の信頼度調査に関する論文掲載

FEAST HQ WG5_Publications

地球研コアプロジェクト『環境研究における同位体を用いた環境トレーサビリティー手法の提案と有効性の検証』と共同で調査・執筆を行った査読付き論文「Trust me? Consumer trust in expert information on food product labels」が、国際ジャーナル『Food and Chemical Toxicology』(2020年3月)に掲載されました。オープンアクセスですので、本ページ最後のリンクより、ぜひご一読ください。

“Trust me? Consumer trust in expert information on food product labels”

Christoph D. D. Rupprecht, Lei Fujiyoshi, Steven R. McGreevy, Ichiro Tayasu

Abstract: Food product labels can provide consumers with rich, specific, expert-certified product information. However, sources of label information differ. How do consumers then evaluate label trustworthiness of expert labels in comparison to other commonly used label types? We present results from a representative online survey (N = 10,000) of consumers in Japan, the USA, Germany, China and Thailand using professionally designed labels for four food types (milk, honey, oil, wine) and five different sources of food information (farmers, government/administration, producer associations, experts, and consumers). We tested label legibility through identification of the label information source and asked respondents to evaluate the trustworthiness of labels using a six-scale instrument ranging from overall label trust to purchase intent. Results show that label legibility varied between countries, with expert labels scoring lowest. Nevertheless, respondents correctly identifying all label information sources chose expert labels as the most or second-most trustworthy across all countries and food types, while consumer labels scored low. Demographic factors exhibited weak influence. Results suggest expert labels might play an important role as trusted sources of information in an increasingly complex global food system. Finally, we consider the implications of the study for a potential institutionalization of expert labels based on the Japanese context.

<和訳>
「信じれますか、そのラベル?科学者を情報源とする食品ラベルに対する消費者の信頼度調査」

クリストフ・D・D・ルプレヒト、藤吉麗、スティーブン・R・マックグリービー、陀安一郎

要旨:食品ラベルには、その食品に関する多くの情報が記載されている。しかし、その情報源はさまざまである。消費者は、科学的情報源(安定同位体など)を持つラベルの信頼性を、一般的なラベルと比較して、どのように評価しているだろうか。本調査では、プロのデザイナーに4種の食品(牛乳、ハチミツ、食用油、ワイン)について、異なる5つの情報源(生産者、行政、生産者団体、科学者、消費者)をもとにラベルをデザインしてもらい、そのラベルについて、日本、米国、ドイツ、中国、タイの消費者を対象としたオンラインアンケート(N = 10,000)を実施した。アンケート調査では、ラベルを見て情報源が特定可能かの設問から、読みやすさについて分析し、またラベルの信頼度から購入意思などについて6段階評価を行った。その結果から、ラベルの読みやすさは、国によって異なるものの、どの国でも一貫して科学者が情報源のラベルは最下位であった。ラベルの情報源を正確に特定した回答者は、国や食品の種類に関わらず、科学者を情報源とするラベルを、最も信頼できる、あるいは二番目に信頼できると回答し、その一方で消費者を情報源とするラベルは最も信頼できないと回答している。また、人口統計学的要因は影響があまりないことも明らかとなった。本調査を通じて、科学者を情報源とするラベルが、複雑さを増すグローバルなフードシステムにおいて、食品の信頼度という観点から重要な役割を担う可能性があることがわかった。また、科学者を情報源とするラベルの日本での制度化の可能性についても検討する。

(和訳:Yuko K.)

DOI: https://doi.org/10.1016/j.fct.2020.111170