国際ジャーナル『International Journal of Environmental Research and Public Health』に日本の幼児の緑地アクセスに関する論文掲載

FEAST HQ WG6_Publications

クリストフ・ルプレヒト上級研究員と崔麗華氏(京都大学大学院)の査読付き論文「Understanding Threats to Young Children’s Green Space Access in Unlicensed Daycare Centers in Japan」が、国際ジャーナル『International Journal of Environmental Research and Public Health』(2020年3月)に掲載されました。オープンアクセスですので、本ページ最後のリンクより、ぜひご一読ください。

“Understanding Threats to Young Children’s Green Space Access in Unlicensed Daycare Centers in Japan”

Christoph D. D. Rupprecht and Lihua Cui

Abstract: Access to green space (GS) is vital for children’s health and development, including during daycare. In Japan, deregulation to alleviate daycare shortages has created a new category of so-called unlicensed daycare centers (UDCs) that often lack dedicated GS. UDCs rely on surrounding GS, including parks, temples and university grounds, but reports of conflicts highlight the precarity of children’s well-being in a rapidly aging country. Knowledge about GS access in Japanese UDCs remains scarce. Our mail-back survey (n = 173) of UDCs and online survey (n = 3645) of parents investigated threats to GS access during daycare across 14 Japanese cities. Results suggest that UDCs use a variety of GS and aim to provide daily access. Caregivers are vital in mediating children’s access, but locally available GS diversity, quality and quantity as well as institutional support were perceived as lacking. Parents did not rank GS high among their priorities when selecting daycare providers, and showed limited awareness of conflicts during GS visits. Implications of this study include the need for caregivers and parents to communicate and collaborate to improve GS access, and the importance of strong public investment into holistically improving GS diversity, quality and quantity from the perspective of public health and urban planning.

<和訳>

「日本の認可外保育施設における幼児の緑地アクセスの考察」

クリストフ・D・D・ルプレヒト、崔麗華

要旨:子どもたちの健康と健全な発達には、保育所などでの緑地(Green Space:GS)へのアクセスが極めて重要な役割を担う。日本では、保育所不足から、その設置にかかる規制緩和が実施され、認可外保育施設が新しく設置可能となった。こうした施設内には、緑地が整備されておらず、公園、寺社仏閣、大学などの敷地といった近隣の緑地を使用することが多い。しかし、急速に高齢化の進む日本社会において、緑地利用を巡る問題によって子どものウェルビーイング(しあわせ)が危険に晒されていることが明らかになっている。日本の認可外保育施設における、緑地へのアクセス状況に関する情報は限定的であったため、本研究では、14都市において、認可外保育施設を対象とした郵送アンケート調査(n=173)および保育施設を利用している親を対象にオンラインアンケート調査(n=3645)を実施した。その結果、認可外保育施設は、さまざまな緑地を活用し、日常的に子どもたちが緑地にアクセスできるよう努めていることが明らかとなった。緑地へのアクセスについては、保育士が重要な役割を担っている一方、地域内の緑地の多様性、質、数や面積、そして制度上の支援が十分でないことが判明している。また、親は、保育施設を選ぶ際に、緑地へのアクセスを優先事項としておらず、緑地利用の際の問題についてあまり認識していなかった。本研究から、緑地アクセスを改善するには、保育士と親間のコミュニケーションと協働が不可欠であり、また公衆衛生と都市計画の観点からも、緑地の多様性、質、数や面積を包括的に改善するには、公共投資が重要であることが示唆されている。

(和訳:Yuko K.)

DOI: https://doi.org/10.3390/ijerph17061948