エコロジカルフットプリントに関する論文が国際ジャーナル『Journal of Cleaner Production』に掲載されました

FEAST HQ WG1_Publications

WG1がグローバル・フットプリント・ネットワークおよびWWF Japanと共同で、日本国内47都道府県別の総エコロジカルフットプリントと食品のエコロジカルフットプリントの調査研究成果をまとめた論文「Decentraliz …

ウェビナーで未来の学校給食展示に関する報告(マキシミリアン・スピーゲルバーグ)

FEAST HQ WG2_Publications

プロジェクト研究員のマキシミリアン・スピーゲルバーグが、2020年12月18日に開催されたAnticipatory Governance Webinarにて、FEASTの未来の学校給食展示に関する発表を行いました。 20 …

日本国内のアグロエコロジーに関する論文掲載

FEAST HQ WG3_Publications

地球研では、2019年度にアグロエコロジーの第一人者であるカリフォルニア大学バークレー校のミゲール・アルティエリ名誉教授とクララ・ニコールズ講師を招聘プログラムを通じてお迎えし、FEASTプロジェクトと共同で日本国内のア …

『世界の一酸化二窒素収支 2020 年版』と食料システム@オンラインにて講演(スティーブン・マックグリービー)

FEAST HQ WG3_Publications

2020年10月29日に開催のオンライン・フォーラム「『世界の一酸化二窒素収支 2020 年版』と食料システム/Global Nitrous Oxide Budget 2020 and our food system」に …

JAグループ雑誌にフードポリシーに関する対談掲載

FEAST HQ WG2_Publications

JA(農協)グループの出版・文化団体である家の光協会の雑誌『地上』(2020年10月号)にて、特集「地域のみんなで支え合う 『フードポリシー』を考えよう」が組まれ、WGチェアの立川雅司教授(名古屋大学)と秋津元輝教授(京 …

雑誌コラム・新聞掲載:展示「未来の学校給食」

FEAST HQ WG3_Publications

FEASTプロジェクトでは、2019年のオープンハウスでのイベント企画をはじまりに、展示企画「未来の学校給食」を作成しました。「国際貿易への依存」(食品貿易のグローバル化が進むか、国内取引が中心となるか)と「気候変動」( …

展示「未来の学校給食」のはじまり(プロジェクト研究員 マキシミリアン・スピーゲルバーグ)

FEAST HQ WG6, WG6_Publications, レポート

FEASTの展示企画「未来の学校給食」は約1年前、地球研のオープンハウスの企画としてはじまりました。では、まずオープンハウスの説明から始めたいと思います。 地球研オープンハウスは、毎年夏の恒例行事で、研究所を一般公開し各 …

イタリアのオルタナティブな農家と新型コロナウィルス感染症:ロックダウンの影響と農家の声 (広島大学博士課程 Simona Zollet)

FEAST HQ WG3, レポート

FEASTプロジェクトでは、新型コロナウィルス感染症が小規模でオルタナティブな農家の暮らしにどのような影響をもたらし、農民たちがどのように対応しているのかについて、多国間調査を実施しており、イタリアのその対象国のひとつで …

ご協力のお願い:『新型コロナウィルス感染症と農業の現場 オンラインアンケート調査』(ドイツ)

FEAST HQ WG3

私たちFEASTプロジェクトでは、新型コロナウィルス感染症拡大と農業現場との関係について把握することを目的として、オンラインアンケートを企画し、これまでに日本、イタリア、台湾、ウルグアイを対象にアンケート実施致しました。 …

ご協力のお願い:『新型コロナウィルス感染症と農業の現場 オンラインアンケート調査』(ウルグアイ)

FEAST HQ WG3

私たちFEASTプロジェクトでは、新型コロナウィルス感染症拡大と農業現場との関係について把握することを目的として、オンラインアンケートを企画し、これまでに日本、イタリア、台湾を対象にアンケート実施致しました。このたび、D …

[回答期限延長](再)ご協力のお願い:『 新型コロナウィルスと水産業影響調査 オンラインアンケート調査』

FEAST HQ WG3

FEASTプロジェクトの田村典江が参加している「新型コロナウィルスの水産業・地域影響研究グループ」では、あらゆる種類の漁業者、養殖業者、流通・加工・小売・飲食等の水産関連事業者の皆さんを対象に、新型コロナウィルス感染症拡 …

日本の中の別世界ー都市と田舎における新型コロナウィルス感染症の影響(プロジェクト・リーダー スティーブン・マックグリービー、上級研究員 田村典江)

FEAST HQ WG3

日本の新型コロナウィルス感染症対策は、理由は明確に判明してはいないものの、概して成功していると伝えられています。感染拡大の中心となった東京では行政検査は不十分であったものの、感染の猛威が最高潮に達した際でも、先進7か国の …